(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

摩耶山さん歩

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/05/28 (Sun) 07:19:35
Tokiwaさん おはようございます。

孫より胃腸風邪のプレゼントをいただき、
おかゆ生活でしたが、昨日よりなんとか脱出できました。
煮魚を1週間ぶりにおいしく頂けました。

明神へ 行けなくて 本当にすみませんでした。
また 行きましょうとルーンさんが励ましてくださり
ありがたいです。
4人で行ける日が来ますように。
Tokiwaさんが 荒地山コースを設定してくださり
行きたかったのですが 間に合わず悔しい思いです。


樫ヶ峰レポ 拝見していたのですが
コメントが書けなくて、、
荒地山レポももうアップされましたね。

大変面白いコースですね。
私には思いつかない コースです。
奥池にたどり着いたら バスに乗って帰りそうです。(笑)
男性が腕力で登った と書かれてると
はてさて 登れるかな? と疑問で 行くのに勇気が要ります。
樫が峰での展望もあり 
舗装道路へ降り立ち 道路を進み
大藪谷へ 渡渉 堰堤超え 堰堤のスリットを抜けると
六甲ならではの景色ですね。
谷が終わると奥池。
そこから鷲林寺に行けるとは 考えもしませんでした。
そのあたりが あまり歩けてないからですが。
観音山は展望が良いのですね。
展望大好きです。(^^)
めずらしい コースをご紹介くださり ありがとうございました。




Re: 摩耶山さん歩

  • Tokiwa
  • 2017/05/28 (Sun) 18:06:11
てるみさん、こんにちは。
レポ、ご覧頂きありがとうございます。

体調、回復されてきたようで何よりです。
今回ご一緒できなかったのは残念でしたが、
また、次の機会を楽しみにしております。

今回、4/16とほぼ同じコースを歩いたのでのですが、
1ヶ月程で、緑が濃くなり、前回歩いた時とは
踏み跡の印象が変わっており、
分岐では慎重に記憶を辿りました。

樫ヶ峰、ご一緒させて頂いた東西稜線以外に
まだ歩けていない南北からの道があり、
もう少し歩いてみようと思っています。

大藪谷は、余り歩かれていない谷のように感じました。
レポのケルンから、南北に尾根道があり
そちらは谷ほど難易度は高くありませんので、
そちらを歩かれると、比較的容易に奥池に出れます。
観音山の山頂付近は展望が良く、
いつもハイカーで賑わっていますね。

こんにちは

  • リンゴ
  • 2017/05/21 (Sun) 07:33:25
Tokiwaさん、こんにちは。
全く未経験ですが団体が主催しているハイキングから
始めてみようと思っています。
Tokiwaさんの山行記録を未経験なりに
想像を膨らませながら読ませていただいてます。
近く、六甲ケーブルハイキングで以下のコースが開催されます。
深田池公園~白鶴美術館前~寒天橋~寒天山道~神戸ゴルフ倶楽部~みよし観音~六甲高山植物園(解散)
このコースに小学高学年の子どもと参加したいなと
考えているのですが、寒天山道は子どもには厳しいでしょうか?
個人の体力差もあるので一概には言えませんが
Tokiwaさんの見解をお聞かせください。
子どもには、トレッキングシューズや
服装などの山装備は専門店で揃えています。



近く

Re: こんにちは

  • Tokiwa
  • 2017/05/21 (Sun) 17:48:51
リンゴさん、こんにちは。

書き込みにある通り、個人差はありますが、
寒天山道は、小学生高学年で
トレッキングシューズや山用ウェアであれば、
体力的・技術的には問題ないと思います。

寒天山道の山道に入ってからは、
何か所か分岐がありますが、
団体主催のハイキングであれば、
要所要所に案内等あると思います。
方向不明な分岐で前後のハイカーと離れてしまったら
同じ団体のハイカーを待つと良いと思います。

コース全体としては、
深田池から渦森で寒天山道の山道に入るまでは、
急坂もある舗装路歩きになります。
山道から六甲山上の舗装路に抜けた後も
地道区間や短い登りもありますが、舗装路中心です。

5/27のコースのようなので、
暑さと急な雨への対策はしっかりしておいて下さい。
特に水分は十分にお持ちになって出発して下さい。

楽しいハイキングになるといいですね。

Re: Re: こんにちは

  • リンゴ
  • 2017/05/21 (Sun) 18:22:09
Tkiwaさん、ありがとうございます。
少し心配でしたが迷いなく
一歩踏み出すことができそうです!
そうですね、暑さ対策は充分にしていきます。
すみません、もう一つアドバイスください。
ストックの購入を考えているのですが、
初心者向きでハイキングから低山トレッキングで
オススメなど教えてください。
また、小学生は不要でしょうか?

Re: こんにちは

  • Tokiwa
  • 2017/05/21 (Sun) 19:19:52
リンゴさん、こんばんは。

個人的意見になりますが、
これから登山を始められるのであれば
まずはストック無しで登られることをオススメします。

ストックの補助無しで、
登り下りの歩行技術を身に着けた上で
長時間歩行や、急な下りの補助に、
ストックを利用するのが良いと思います。

ストックを買う時は、
ダブルストックで、長さの調整が容易なもの。
先端のゴムカバーが外れにくいものが良いでしょう。

また子供用のストックも売っていますが、
近県のハイキングであれば、小学生には不要だと思います。
ストックを振り回したり、どこかに引っ掛かったり
かえって危ないように思います。

Re: Re: こんにちは

  • リンゴ
  • 2017/05/21 (Sun) 20:34:23
Tokiwa さん、ありがとうございます。
確かに振り回して他のハイカーさんに
ご迷惑掛けそうですね。
まずは親子ともにストック無しで頑張ります(^^)
今はまだ登っていないのにモノだけ増えてる状態です。
経験とともに少しずつ充実させていきます。
丁寧なアドバイスありがとうございました。

歩かれましたね。

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/05/19 (Fri) 08:22:04
Tokiwaさん おはようございます。
歩かれましたね。
菊水山界隈は魅力的な 登山道が沢山あるようですが、
縦走路以外は歩けていませんです。
なんと ゴルフ場近くからのコースがあるのですね!
あそこの 喫茶店が気に入り 娘と車で通ったことがあります。
有馬街道から 曲がるところの 看板が懐かしいです。
ウオッチーズを確認しますと、 破線がありました。
山と高原地図には 載っていませんでした。
破線道を歩くと こんなところにも 先人の踏み跡があると
人間の行動力に 感動します。
つり橋を渡り 大龍寺へ 市ヶ原へと下られたんですね。
藪道を紹介くださいまして、ありがとうございました。






Re: 歩かれましたね。

  • Tokiwa
  • 2017/05/19 (Fri) 18:40:19
てるみさん、こんばんは。
レポご覧頂きありがとうございます。

書き込んで頂いた通り、
菊水山もまだまだ登山道があります。
菊水ゴルフ場からの道。
以前から、1/25000には記載されていましたので
気になっていたので、歩いてみることにしました。

菊水ゴルフのガーデンレストラン「風舎」さん。
私も一度行ってみたいと思いつつ、まだ行けていません。

菊水山からの接続はどうしても鍋蓋山方面になり
しんどい天王吊橋の登り返しがあり、
なかなかプランを組みにくいのですが、
トレーニングがてら、歩いてみました。

・・驚きました

  • notung
  • 2017/05/09 (Tue) 17:28:32
Tokiwaさん、こんにちは。
ゴートリッジ~シェール槍の周回、素敵なルートですね。
やっぱり展望の良い尾根道は何度行っても魅力が褪せません。
もう、ワクワクしながら愉しく拝読致しました。
山羊戸渡、ずいぶん道が判り易くなっているようですね。
此方も3年ほど行っていないので、久々に「空中回廊」を辿ってみたくなりました。

<以下、閑話休題>
・・Tokiwaさんは高所はお得意なようで、常々羨ましく思っているのですが
ちょうど良いサンプルが出た機会に(?)ここで正直に告白(笑)致したく・・
写真 No.16の下り、この程度の段差でも、小生かなりビビッてしまうんです。
(平気な方には全くご理解戴けない、ということは重々承知しております)
実は周囲にこういった方も少しおられるので、「あちら」では
そのあたりも特に勘案して書いている・・という次第でして・・
 
まさか槍に登るのに、廃道とは云え別ルートがあるなんて、
まったく思いもよらず、本当に驚きました。
まァ「そこが六甲」と、いうところだと思いますが、
まだまだ情報蒐集が足りませんね・・周回道を往復するより断然面白そうです。
次回は是非歩いてみようと思います。
新しいモチベーションを戴いて感謝致します。

七種周回ルートのレコも興味津々で拝見しました。
皆様、かつて山歩き再開の頃に web で大変お世話になった方々ばかりなので
ちょっとばかり親近感もあって(勝手お許し下さい)
心ゆくまで愉しまれたご様子が伝わり、ご同慶の至りです。

長々と失礼致しました。
平素お忙しいことと存じますが、
新緑本番を迎えた山々を存分に楽しまれますよう
今後も興味深いご更新を楽しみに致しております。

Re: ・・驚きました

  • Tokiwa
  • 2017/05/09 (Tue) 23:32:45
notungさん、こんばんは。
レポご覧頂きありがとうございます。

久しぶりの山羊戸渡でしたが、
よく歩き込まれている雰囲気でした。
山寺尾根もそうなのですが、
迷い込みそうなところは、
枯れ木のバリケードが増えたように思います。

notungさんが高所が苦手がご様子は
あちらのレコでよく伝わってきます。
ただ、既に六甲アルプスなども歩かれていますので、
技術的には問題ないはずですので、どんどん歩いて慣れて下さい。

シェール槍から北東側にピークを経て
キャンプ場への道ですが、
下りだと少し判り難いかも知れません。
最初はレポにあったフェンスの沢沿い奥から
北東ピークを経てシェール槍に向かわれると良いかも知れません。

七種は、なかなかアップダウンのある歩き堪えのあるルートでした。
山の単独行で、心細いと感じたことはありませんが、
パーティー行だと仮に滑落しても、
すぐに通報して貰えますし、やはり心強いですね。
てるみさんもルーンさんも、私も山登りを始めるにあたり、
お世話になったサイト管理者さんで、
いつもご一緒させて頂くことを楽しみにしています。

ありがとうございました。

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/05/07 (Sun) 08:58:16
今日は 山でしょうか?

お二人のレポ参考にやっと あっぷできました。
感無量です。
とても勉強になりました。
休憩のたびにメモっておられましたね。
漫然と歩かず、後続の参考になるように、
それも たのしいーー!で終わらない、
正しいレポですね。

距離 難易度 技術難易度 エスケープルート
最終自販機 トイレなど
頭が下がりますです。

下りが下手ですが 今回は 厳しい下りで
少し下り方がわかった気がしました。
収穫でしたが すぐに忘れる頭ですから、忘れるかしら?

本当にありがとうございました。

 

Re: ありがとうございました。

  • Tokiwa
  • 2017/05/08 (Mon) 22:06:52
てるみさん、こんばんは。

連休最終日から今日月曜日まで仕事で出張でした。

アップダウンの激しい山で
滑落危険個所はありますが、
楽しい山でしたね。

良いチョイスをして頂いたてるみさんと
しっかりリードして頂いたルーンさんに
改めて感謝です。

ご一緒させて頂くと、
いつもパーティー行の楽しさを実感しております。

また、次の機会もよろしくお願いします。

お世話になりました。

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/05/03 (Wed) 19:28:16
今日はありがとうございました。
ルーンさん Tokiwaさんに リードサポートいただき
長年歩きたかった 七種山をあるくことができました。
ほんとうに、ありがとうございました。
ストレッチ ◎ンテリンで 筋肉を癒やして休みます。
ありがとうございました。

Re: お世話になりました。

  • Tokiwa
  • 2017/05/03 (Wed) 21:27:43
てるみさん、こんばんは。

こちらこそ、本日はありがとうございました。

急登箇所が多かったですが、楽しい山でしたね。

私も、久しぶりの一日登山だったので
ゆっくり身体を休めます。

Re: お世話になりました。

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/05/04 (Thu) 20:22:06
早かったですね!
ありがとうございます
参考にさせていただけます。(^^)

岩場では夢中で歩いて 写真無し!が
多くて、、Tokiwaさんのレポで 
「あぁ ここ! ありました!」と
思い出しました。

休憩タイムも細かく管理されてたんですね。
歩行時間は5時間7分でしたか!
沢山歩いたと感じたのですが
全行程だと約8時間で 
3時間も休憩していたことになるのですね。
いや、たくさん休憩を入れていただいたので
私でも歩けました。ありがとうございました。

どうも息子が買ってくれた ピンクのザックは
服を合わせるのが難しくて。
沢山の私の背中を写していただき、
あらためて 変な取り合わせと感心しました。(笑)

何時の間に こんなに写しておられたのか?
と 素早さに感心します。
斜面のでは 先頭のルーンさん 私と 上手に写されていて
臨場感を感じます。
(ここでルーンさんから ヤマレコアップの
メールをいただきました。 はやーーい)

私の写真はどうも近視眼になってしまいます。
力不足ですね。

ほんとに良い山でしたね。
おいしい焼肉を新鮮な野菜と 
フレッシュな焼肉ソースでいただき、
生中が おいしかった!
そんな感じでした。

ありがとうございました。
私にはとても参考になります。

またこれから登られる方々のバイブルになると感じました。
お疲れ様でした。






Re: お世話になりました。

  • ルーン
  • Site
  • 2017/05/04 (Thu) 20:38:09
こんばんは、Tokiwaさん。
てるみさんに続かせて頂きますね。

昨日は楽しい1日をありがとうございました。
やはりパーティー行は普段にない楽しさで、貴重な機会だと感じました。
てるみさん、Tokiwaさんに七種を満喫していただいて、
本当に嬉しかったです。良い思い出になります。

Tokiwaさんの七種レポ、拝見いたしました。

てるみさんも触れられていますが、出掛けられる際にはしっかりと下調べされ、
そして山行に伴ってはあらゆるデータを録っておられるなあと感心しきりです。
自分は今回は何度も歩いたところなので、レポにまとめる気はなかったのですが、
パーティー行と単独行では同じ行程でも内容が違いますね。
やはりGPSを持っていくべきだったと後悔しました。
今回は撮影枚数もあまり多くなくて、休憩時間のログも取れてないです。

七種山山頂では18℃だったんですね。朝から曇りの割には暑く感じる日でした。
でも前半のハイライトの岩尾根で最も晴れた気がします。
結果的にはオーライだったでしょうか。

七種は歩行距離は普通なのですが疲れ方が違います。
これまでの経験から下りの辛さと安全の確保とを考慮して、
反時計回りをご提案させて頂きました。
それでも今日はしっかりと昨日の疲れが残っていました。

Tokiwaさんのレポほど正確ではありませんが、こちらもヤマレコにUP致しました。
ご提供いただきました写真を何枚か使わせて頂きました。
改めて素晴らしい時間をありがとうございました。

Re: お世話になりました。

  • Tokiwa
  • 2017/05/04 (Thu) 22:54:35
てるみさん、こんばんは。
レポご覧頂きありがとうございます。

山行の感想からは離れますが、

私の場合、時間管理は、殆どデジカメで行っています。
出発前にデジカメの時刻を、秒まで正確に合わせています。

レポでは写真を83枚使用しましたが、
今回の山行では写真を350枚撮影しました。
手ブレを考慮して一箇所で2回シャッターを押すので、
実際の撮影枚数は700枚です。

ピークのような長い休憩箇所は記憶していますので、
休憩箇所の前後の写真の時間差で計測。
小休憩は、自分の両足を撮影します。
右足前で休憩開始、左足前で休憩終了です。

てるみさんのように、動画を利用するのも
良い方法だと思います。

今回も最後尾を歩かせて頂いたので、
お二人を沢山撮影することができました。
やはり人物が写っていると、臨場感があって良いですね。

Re: お世話になりました。

  • Tokiwa
  • 2017/05/04 (Thu) 22:55:40
ルーンさん、こんばんは。
レポご覧頂きありがとうございます。

てるみさんへのコメントでも触れましたが、
記録は、GPSとデジカメを利用しています。
その分、写真の撮影枚数は多くなりますが、
コンデジのフットワークの軽さを活かしています。

GPSですが、私の場合、摩耶山など、何度も歩いており、
登山道位置がはっきりしている場合でもログを取り、
ログそのものを山行の記録として残しています。
今まで歩いた全ログを、カシミール3Dで表示させると
六甲などは、よくもこれだけ歩いたなと実感します(笑)

ログを取っておくと、Google Earthなどに表示させて
3Dで楽しんだりできて、いろいろ面白いです。

山羊の戸渡し 拝見しました。

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/04/30 (Sun) 20:18:25
昨日は夕方急な雨でしたね。
ビューラインで下山は正解ですね。
山羊の戸渡し 歩かれたんですね。
とりつきを車で探しに行ったことがあり懐かしいです。
私はそま谷峠から下りました。
激くだりだった記憶がありますので、
歩きごたえがあった事かと思います。

お疲れ様でした。

今日は横池でオタマジャクシと思いましたが
孫にその気がなく そま谷で 飯盒炊爨でした。

Re: 山羊の戸渡し 拝見しました。

  • Tokiwa
  • 2017/04/30 (Sun) 20:53:01
てるみさん、こんばんは。
レポご覧頂きありがとうございます。

ここ暫くあまり傾斜のない
芦屋山域の山歩きが続きましたので、
足慣らしにちょっと急登箇所のある尾根を登ってみました。

土曜日午後は、雷でビューラインも
一時運転を見合わせたようなので、
早めの下山は正解だったと思います。

お孫さんとの山はなかなか難しいですね。

北絶叫岩(?)

  • notung
  • 2017/04/20 (Thu) 16:40:18
Tokiwaさん、こんにちは。
奥高座界隈の徹底レポ、毎回たいへん興味深く拝見しております。
錯綜した道を系統立てて整理され、後進にとっては単に未踏ルートの踏破のみならず
パズルを読み解くような知的欲求も触発されますね。
今回企画された「有名な奇岩巨岩めぐり」は、まさに今、小生がやってみたい
行程そのものですので、とりわけ興味津々で読ませて戴きました。

16日は小生も荒地山、道畦谷北尾根からかねて念願だった「北絶景岩」を
満を持して(?)探索~訪問して参りました。
・・・いえ、もう少し早く行くつもりだったのですが
大展望の北尾根登りにはぜひ晴天を選びたい、とか・・
ここまで待ったんなら、いっそツツジが咲いてからの方が、とか・・
いろいろ贅沢な欲求が邪魔をしまして、今ごろになったという次第です。

さて、件の「北絶景岩」。
あちらご覧の通り、少しウロウロしてしまったのですが
Tokiwaさんの詳密レコを頭に叩ッ込んでおりましたので
分岐を見つけて以降はスムーズに探し当てることが出来ました。
ところが「ここだァ!」などと、勢い込んで辿り着いたものですから
すぐ脇から一気に切れ落ちた凄い断崖に目がクラみ、
おもわず奇声を発して「北絶叫岩」(笑)になってしまいました。

長々と失礼致しました。
また、今回はリクエストにわざわざ応えて戴いたガイドでしたので
本当に心から感謝しております。ありがとうございました。
今後とも詳密なレポご更新を楽しみに致しております。

Re: 北絶叫岩(?)

  • Tokiwa
  • 2017/04/20 (Thu) 22:15:55
notungさん、こんばんは。

荒地山から奥高座周辺、
少し嵌まってしまいました。

高座谷から荒地山第二堰堤経由で風吹岩に向かうルートは
ポチポチ歩いておられますが、
奥高座に入るとぐっと、歩く方は少なくなります。
機会があれば、是非歩いてみて下さい。

5分岐周辺からなかみ山南面のルートは少し判り難いので、
4/16ルートのプロペラ岩から黒岩を見たら、
北側の荒地山に出てしまうのも良いかも知れません。

notungさんも16日は荒地山方面を歩かれたのですね。
北絶景岩に無事到達されたとのこと何よりです。

北絶景岩付近は傾斜がなくて、
方角も見失いそうな場所なので、要注意ポイントです。
確かに絶景だけあって、スパッと切れ落ちていますね。

いつも参考にして頂き、ありがとうございます。

もともと高座谷は 複雑?!

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/04/19 (Wed) 11:33:24
一度では理解できない複雑さが 面白い 高座谷なのでしょうね。
なるほど、迷う場所だ しか伝わらないと
再度 分かりやすいルートを歩かれたのですね。
これは いいですね。
歩きたいハイカーの お手本になりますね。
山茶花さんと黒岩で お昼を食べたことがあり
懐かしい思いです。
参考にまた 歩いてみたいです。
ありがとうございました。

私は ヨネちゃん 主催の カタクリツアーに
参加しました。
とても楽しかったです。

Re: もともと高座谷は 複雑?!

  • Tokiwa
  • 2017/04/20 (Thu) 21:57:47
てるみさん、こんばんは。
レポご覧頂きありがとうございます。

まとめとして、もう一度奥高座を歩きました。

狭いエリアなのですが、踏み跡が錯綜していて
登山道の繋がりや岩場の位置を
理解するのに時間がかかりました。

荒地山のボルダー群は
まだ岩の名前を特定できていないので
また時期を改めて訪問してみたいと思います。

カタクリツアーですが、いいですね。
これからは、てるみさん得意の花の季節。
また楽しいレポを楽しみにしております。

今少し、仕事でバタバタしていますので、
落ち着いたら、まとめて拝見させて頂きます。

高座谷

  • 摩耶山さん歩
  • 2017/04/10 (Mon) 07:16:49
Tokiwaさん おはようございます。
高座谷界隈 2月から 6回通われましたね。
歩きたい箇所を すでに歩かれ 
仕上げのなかみ山Part2だったのですね。

おっしゃる通り 迷っても 本道がすぐわきにありますから、
確かに安心かも。
朝の時間に余裕ができるようになると思うので、
また出かけてたいです。
もちろん Tokiwaさんレポ参考に。
お疲れ様でした。
次はどこへ向かわれるかしら?

ありがとうございました。

Re: 高座谷

  • Tokiwa
  • 2017/04/10 (Mon) 21:57:37
てるみさん、こんばんは。

レポご覧頂きありがとうございます。
高座谷周辺、迷走ばかりでしたが、
回数を重ねて、ゆっくり歩くことができました。

名前のついている、ボルダー群など
まだ見所は残っているのですが、
この山域、自分としてはしっかり歩けたと思っています。

高座谷や奥高座は狭い山域なので、
てるみさんなら、周辺の登山道も多く歩いておられますし、
多少迷われても問題ないように思います。


この先ですが、ここのところ、短めの山行が多かったので、
少し長めのプランを組んでみようかと思ったり、
高座谷のまとめとして、
もう1回だけ歩こうかと思ったりしています。


てるみさんも、比良方面やお孫さんとの
山登りを楽しまれているご様子。
今はゆっくり拝見する時間がないので、
落ち着いたら、改めてレポを拝見させて頂きます。

ありがとうございました。